C-Week キリスト教週間

C-Week(キリスト教週間)は1954年の宗教強調週間に始まった伝統ある学生主体の活動です。毎年5月下旬の1週間、キリスト教をあらゆる角度から考える機会として学生を中心に企画され、礼拝や講演、コンサート、オープンハウス(教員宅訪問)など多彩な行事が開催される全学行事です。

Every year, during this single week in late May, various events such as prayers, lectures, concerts, and visitation opportunities to professors' homes, are planned mainly by students with the purpose to create an opportunity to think about Christianity from different perspectives.

C-Week facebookページ(学生):https://www.facebook.com/cweek.icu/


2017年 テーマ   橋渡し ― Bridging the Gap

人生の中で出会いの数は何度あるでしょうか。出会う対象は何でしょうか。大切な人、感動する映画、興味深い思想、理解を超える信仰、想像を絶する事実など、一見繋がりの無いように見えるものが多いと思います。しかし、その様々な出会いに誠実に向き合い、自らが自問自答を繰り返しながら不断の努力を続けることによって、他でもない私という存在を本当に生きていくのではないでしょうか。架ける橋も、方法も、材料も、対象も十人十色です。C-Weekを通して、自分の渡す橋、他者の橋をみつめてみませんか。
How many encounters does one have in a lifetime?  And what makes you so impressed?  A great movie, interesting thoughts, faith...  These things individually do not seem to be related to each other. However, we create a bridge as we live and encounter.  Each person's bridge varies in color, shape, and materials.  Through c-week, why don't we take a look at not only your own bridge, but also others?