Welcome to ICU Religious Center!

 ICU宗務部は、礼拝や親睦、奉仕活動や学びを通 して、教職員と学生の精神的・倫理的な生活を深いところで援助する役割を担っています。一年を通 じて、学生と教職員が信仰と学びを深める場や、体験学習を通して精神的に成長する機会を提供しています。
 主な活動は、水曜日の大学礼拝やC-Week、クリスマス行事などがあります。特に、毎年5月第4週目の一週間を通して行われるC-Weekでは、礼拝や講演、コンサートや映画、キャンパス在住の教員のオープンハウスなど盛りだくさんのプログラムが企画され、「キリスト教」をあらゆる角度から考えることができます。この準備のためにC-Week学生委員会と共に約半年前から企画・準備を行っています。
 春と秋にそれぞれ行われる国内外のワークキャンプは、とても活動的でユニークな学びの場です。近年は、秋はアジア学院(栃木県)ワークキャンプ、そして春はインドネシアの農村地域で学校支援などのワークキャンプを行っています。また、長期休暇中には、平和、人権、人格形成など様々なテーマの下、学生リトリートが行われ、学生と教職員を共にして語り合い、学び合う機会を設けられています。


    The role of the Religious Center is to help deepen the spiritual and ethical life of the campus community through worship, fellowship, service, and study. Throughout the year it provides students, faculty, and staff with opportunities to explore the relationship between faith and learning, connecting the work of the mind with the heart and soul.

    The center hosts weekly Tuesday Chapel Hour worship services as well as special religious holiday celebrations. In May a full week of programs, including worship, special lectures, entertainment, and faculty open house are held under the title of Christianity Week.  The center also sponsors work camps and a variety of other activities and projects in Japan and other parts of Asia.


コリント人への第一の手紙 13章1-3節

「たといわたしが、人々の言葉や御使たちの言葉を語っても、もし愛がなければ、わたしは、やかましい鐘や騒がしい鐃鉢と同じである。たといまた、わたしに預言をする力があり、あらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、また、山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい。たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。」


1Corinthians 13:1-3

"If I speak in the tongues of mortals and of angels, but do not have love, I am a noisy gong or a clanging cymbal.  And if I have prophetic powers, and understand all mysteries and all knowledge, and if I have all faith, so as to remove mountains, but do not have love, I am nothing. If I give away all my possessions, and if I hand over my body so that I may boast,[a] but do not have love, I gain nothing."